04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.09.08 (Sun)

O-Med(オ・メド)のオリーブオイル試飲会

お友だちに誘っていただいて、エクストラバージン・オリーブオイルの試飲会(CICADA@表参道)に参加いたしました。ブランドはスペインのグラナダから来たO-Med(オ・メド)です。


■オリーブオイル選びの難しさ…


オリーブオイルは、本当に難しいです。ちょっとお高いオリーブオイルは、回転が悪いのか酸化したものにあたったり…。となると、成城石井などで大量に販売されているお安いものが新鮮で美味しく感じたり…

以前、気に入って使っていたL'Occitane(ロクシタン)は、食用オイルを扱わなくなってしまったし…

オリーブオイルの迷える子羊だったので、今回のお誘い、楽しみに参加させていただきました♪

■オ・メドは家族経営のオリーブオイルメーカー


オ・メド(ベンチパ社)は家族経営の会社で、プレゼンにいらしたのはお嬢さんのパウラさん。実はこのプレゼンがすごくカッコよくて、Preziというサービスを使っていました。 φ(.. )メモシテオコウ…これは、使わせていただきます。

オ・メドのプレゼン

オ・メドが家族経営ブランドということに、とても好感を持ちました。

ドルーアンのピノ・ノアール
ここからちょっと、ワインのお話。

家族経営のブランドで好印象なのが、フランスのワインメーカーMaison Joseph Drouhin(メゾン・ジョセフ・ドルーアン)です。ブルゴーニュのビオワインが、お安くてとても美味しいのです。畑の中には器械も入れない(馬を使います)というこだわり、すごくないですか…。

ジョセフ・ドルーアンの2,000円代で買えるピノ・ノアールのコスパは、本当に素晴らしく、3,000円以上のお味が期待できます。

また、ガメイ種(ボージョレ・ヌーボーの品種)はもっとお安く、個人的にガメイ種は苦手なのですが「ブルゴーニュで作るガメイはこんなに美味しいの!?」と驚かされます。

ということで、オ・メドが家族経営ということで、期待もふくらみます♪

■エクストラバージン・オリーブオイルを選ぶポイント


さっそく、オリーブオイルの試飲です。

オリーブオイルの試飲

ワイングラスに注がれたのが、エクストラバージン・オリーブオイルです。ピクアル種とアルベッキーナ種の2種類をテイスティングしました。

スペインでポピュラーと言われるピクアル種は、青いトマトのような強い香りで肉料理やトマト料理に合うそうです。

スペイン・カタルーニャ地方のアルベッキーナ種は、なめらかな口当たりで、サラダや魚料理に合うとのこと。ももにお塩を振って、アルベッキーナ種のオイルをかけて食べると美味しいそう♪

オリーブオイルの選ぶポイントは、次の3つだそうです。

  1. フルーティであること
  2. 苦みがあること
  3. 酸味があること

ピクアル種は、いただいた後のどに刺激を感じるほどの苦みでした。ところが、お料理にかけるとそれが邪魔になりません。

■オ・メドのこだわり


パウラさんは、「私たちはオイルではなく、オリーブのジュースだと考えています」と語り出します。オ・メドのこだわりは以下のとおり。

  • 通常(11月)より早く10月の1カ月間で収穫された早摘みのオリーブのみ使用
    >>フレッシュでジューシー、濃厚な香りと味わいを持つオイルが得られる
  • 収穫から10分以内に精製する
    >>農園と工場が直結している
  • 酸化防止の徹底
    >>ボトリングされる前のタンクには窒素を充填している(酸度0.1←かなり低いです♪)
  • 加工の温度と時間
    >>加工の温度は18~19度、24度以下にし、90分以内に絞る
  • 環境への配慮
    >>オリーブオイルの種は燃料に、搾りかすの果肉は有機肥料に使用


オ・メドのエクストラバージン・オリーブオイル

今までは店頭に並ぶ無数のオリーブオイルボトルの前で途方に暮れていましたが、生産者から直接お話が聞けると、選ぶ根拠になりますね。

また、オ・メドの受賞歴は素晴らしく、2013年にはFLOS OLEI(フロス・オレイ、世界的権威を持つイタリアのオリーブオイルガイド)で90点を取り、ほか複数のコンテストで金賞を受賞しています。

ところが、まだ日本に入って間もないからか、オ・メドのオイルを買えるショップがありません。オーケストラが輸入元ということはわかるのですが、購入先がわかったらまたレビューいたします。

■オリーブオイルの保存方法


オリーブオイルの保存適温は20度くらいとのことですが、日本の夏の常温ではなかなかうまくいきません。「冷暗所」も暑いですよね…

ということで、ご一緒させていただいたお友だちとは「野菜室」という結論に。今まで、ガス台の奥に置いていたので、劣化していたでしょうね。オイルの保管場所は再検討です。

■オリーブオイルを買うタイミング


オリーブの収穫は10月~12月。ということは、新鮮なオイルが日本に届くのはクリスマスからお正月あたりですね。今後は、この時期を意識してオリーブオイルを購入してみようと思います。

■今使っているオリーブオイル2本


今、よく使っているエキストラバージン・オリーブオイルはこの2本です。

北野エースのオリーブオイルエキストラバージン・オリーブオイル
「ゴヤ」

500ml/840円(税込)
スペイン産(アンダルシア地方)
国際エキストラヴァージンオリーブオイルコンテスト金賞受賞
10月末から11月初め収穫後1時間以内に搾油(品種混合)。年に1度しか生産されない。
*北野エースで見つけました
成城石井のCIRIO「チリオ」エキストラヴァージン・オリーブオイル
500ml/498円
イタリア産
酸度0.5以下
*成城石井で見つけました


この2つで比較すると美味しいのは、スペイン産の「ゴヤ」の方です。

今後、オ・メドがかんたんに手に入るようになったら、ゴヤと比較して再検討しようと思います♪

ico_pen1-2.gif関連記事
オリーブオイルの酸度って?

O-Med Extra Virgin Olive Oil「オ・メド」のフェイスブックページ>>


テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

09:12  |  牛乳・バター・卵・油  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://healthytable.blog.fc2.com/tb.php/144-a1dcee5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。