05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.10 (Thu)

プルトニウムをどう考えるか

「プルトニウム」っていうと、限られた研究者しか触れる機会のない、
とっても特別な放射性核種


半減期は約2万年と言われると、かなり引きます…

毎日新聞では、南相馬市(原発から25km)で、
プルトニウム15㏃/㎡と報じていいます。

で、私が読んでる「おしどりマコ・ケン」さんのマガジン9
「脱ってみる?」では、もっとちがう結果が報告されています。

以下緑色は、「脱ってみる?」原文引用

結論から言うと、
飯舘村(原発から39km)で、プルトニウム何千㏃/kg検出です。

でも、α線を出すプルトニウムは、検出するのがすごく難しく、
もちろん、ふつうのガイガーカウンターでは測れません

α線は、粒とエネルギーが大きく、
近くのものへの破壊力は強いものも、すぐに力が衰えます。

ということで、線がカウンターまでは届きません。

γ線は、弱い力を遠くまで飛ばすので、
ガイガーカウンターまで届きます。

それが、どうして何千㏃もあるとわかったかというと、
プルトニウムに変身する前の核種が、見つかったからです。

それが「ネプツニウム239」という物質です。

ウラン239→
ネプツニウム239(γ線核種)→
プルトニウム239(α線核種)
とβ崩壊していくのです。

そして、ネプツニウム239の半減期は約2.4日。つまり、ネプツニウム239は2〜3日で半分がプルト君になるのです!
そしてその量の具体的な数字は出せませんが何千Bqという大変な量が検出されているのです。それがいずれ必ず、全てプルトニウムになるのです。


ネプツニウムが検出されたのは、γ線核種だから
これがα線核種のプルトニウムに変身した後では、
見つけることは難しいのでです。

で、このプルトニウム、どれほど危険なの??

答えは、プルトニウムと癌の因果関係は証明されていない、ということです。

プルトニウムに被ばくしたという例が、世界で少なすぎるんです。
もちろん、利害関係を含む法律的な見地からも、そうかんたんに被ばくと発ガン、
ましてガンによる死亡の因果関係は認められません


ちなみに、口から入ったプルトニウムは、
ほとんど便として外に排出される
そうです。

一方、呼吸で入ったものは、少々やっかいです。
肺に長期滞在し、血液を通じて、肝臓や骨に沈着。
結果として、肺がん、骨のガンを誘発すると考えられています。

なんでプルトニウムかっていうと、
プルトニウムはほとんど報道に出てこないからです。

検出されないので、発表されないです。
といっても、「ない」という意味ではありません

セシウムのお隣りに、プルトニウムがいるかも知れません。
でも、カウンターには出てきませんし、
α核種を計測できる機関は、日本にもごく少数で、
その手続きだけで泣きたくなるような手間がかかるそうです。


このプルトニウムが、関東近県にまで届いていない
とは言い切れない
と思っています。

仮にこのあたりにあったとしても、
多くは地面に落ちて落ち着いているかも知れません。

それを呼吸から吸い上げる可能性も、かなり低いかも知れません。

私が気になるのは、来春の花粉です。

国でもセシウム花粉の予想は発表していますが、
プルトニウムが含まれないとは言い切れないと思います。

花粉は、まさに呼吸によって体内に取り込まれる、
プルトニウム吸入の危険なパタンです。

今から知恵をしぼって、対策を考えています。


ico_pen1-2.gif参考記事
脱ってみる? 第16回
自分の健康のためにスポーツをするように、自分の情報リテラシーのためにメディアになる件。
〜プルトニウム、『メディアと市民』〜


プルトニウムってなんだろう-科学的側面-
プルトニウムの人体影響


東日本大震災 プルトニウムとストロンチウム検出 
健康被害、割れる見解


阿修羅♪ 福島第一原発から放出されたプルトニウムは76兆ベクレル -リストラおやじ
プルトニウムについて経済産業省が出したという別の(もっと多い)数字が掲載されています。


テーマ : 放射能ニュース - ジャンル : ニュース

01:50  |  放射能関連コラム  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://healthytable.blog.fc2.com/tb.php/69-f848b05f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。