09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.01.23 (Mon)

ニモのお弁当で問題発生!

給食は辞退して、ニモにはお弁当を持たせています。

ニモの通う保育園の先生方と給食室の方は、
理解を示してくださり、強力してくださること、
ほんとうにありがたいことだと思っています。

ニモの給食3

園長先生の計らいで、温かいものは電子レンジで温めて、
冷たいものは冷たく出してくださる
とのことなので、
このように小分けしてお弁当を持たせています。

メニューも、できるだけ給食に合せてつくっています。

「お弁当、大変じゃない?」と私も思っていましたが、
実はメニューが決まっているってスゴク樂なことなんです。

「夕飯どうしよう~」って、毎日、かなりの難問。
でも、決まってしまえば、もう半分できたようなものです♪


で、最近ニモが、お昼のときに吐きもどして服を汚すので、
どんなときにそうなるのか先生に聞いてみると…

お友だちに、ニモだけお弁当なのを指摘され、
落ち込んで吐きもどすんだとか!


そんな話はニモから聞いていなかったので、
家に帰って改めて「お弁当のこと、お友だちに何か言われるの?」
と聞いてみると、まっすぐと私を見る目が赤くなって
みるみるうちに涙でいぱいになって

「うん、へんだっていうの…」と。


これは、どうしたものか…

主人は、体もそうだけど心のバランスも大事。
これでお友だちができないようだったら、給食もありかも。

という意見。

給食は絶対にないよ!

これは私の意見。

もちろん、放射能のことも問題ですが、
「みんなとちがう」ということを受け入れられないのもよくな
いと思います。

ちがうことで自分を否定する必要もないし、またそれができなかったら、
だれかちがう人を差別してしまうかも知れません

日本国憲法の平等だって、「みんな同じでなくちゃいけない」という意味ではなく、
「ちがいを受け入れましょう」という高潔なテーゼがあるじゃないですか。


4歳というと、だんだん子供が残酷な言葉を話しだすころ、だそう。
保育園の先生が教えてくれました。
大人がびっくりするような、キツイことも平気で言うそう。

お昼時間、こっそり参観に来てもいいですよ、と提案してくださいました。
子供たちにわからないように、壁穴から見るやつです。

フォローもしてくださるとのこと。

ありがたいことです。


ニモに「お弁当、がんばれる?」と聞くと、
小さく「うん」と答えました。


ある日、「今日は、お弁当どうだった?」と聞いたら

「おやつのときね、
(この日のおやつは安倍川もち。
ニモには、おやきを持たせました)

ゆめちゃんが『ニモちゃんのおやつ、おもち!』と言ってね、
あやちゃんが『ちがう!おやき!』って大きい声で言ったら
ゆめちゃんが泣いちゃったの。

そのときね、ニモが遠い目をしたら
(お釈迦様みたいな半開きの目をしてみせる)
先生もゆめちゃんも、あやちゃんもみんな笑っちゃったの!

と嬉しそう。

自分が原因で、女の子がけんかをはじめたところ、
狙ったウケがあたって解決したのが満足だったようです。


「今日はニモ君、みんなといっしょに食べ終えて、
嬉しかったのか報告に来てくれましたよ」と、先生。

先生の協力もいただいて、なんとか続けられそうです。

「学校給食忌避 過剰反応と言うほかない」という記事があります。

いろんな意見があると思いますが、
政府は子どもを守ってくれませんし、保証もしません。

低線量での子どもの内部被ばく潜伏期間は、5年ほどと言われています。

子どもを守れるのは、母親だけではないでしょうか。
できることを、ただするだけです。

テーマ : 子育て・育児 - ジャンル : ライフ

02:07  |  放射能関連コラム  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://healthytable.blog.fc2.com/tb.php/90-9ed8beb1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。